【出店します(初出店)】6月10日、11日 雑貨×作家マーケット.16

金沢駅のもてなしドームで開催される『雑貨×作家マーケット.16』に出店させていただきます。


こちらには初めて出店させていただきます。
お客様、他の出店者様とどのような出会いがあるか楽しみです。

ブース番号は【42】です。



よろしくお願い申し上げます。

==============
雑貨×作家マーケット.16
6月10日(土)、11日(日)
11:00から18:00
会場:金沢駅もてなしドーム 地下イベント広場
URL:http://www.zakka-sakka.com/
==============

お客様からの新提案!木の端材活用法

こんにちは、飛騨国分寺向かいの木童工房アンテナショップです。

端材を購入されたお客様からの新提案。

お客様からの新提案! 木の端材のご利用方法

このブロックのようなブラックフォールナット(クルミの仲間の木)の端材をお買い上げくださったお客様がこれの活用法を話してくださいました。

「ペーパーウェイト(文鎮)にします! このココアみたいなカラーの木ってところが可愛いので」

とのことでした!

お客様の新提案!木の端材

いくつかの同じサイズのブロックみたいな“木”がチラシ(につかうのかな?)の上にぽこぽこ置いてあったら、素敵な趣向ですよね。

モダンでナチュラル、かつ可愛い…。

新しいおすすめのご利用方法ができましたね^^

ビーンズ風スプーン 端材から生まれた木工作品達

こんにちは、飛騨国分寺向かいの木童工房アンテナショップです。

木童工房アンテナショップで販売している木片をご購入なされたお客様が、その木から作りになった作品をご紹介いたします。

持ち手部分がぽこぽこしたデザインになったスプーンです。

木材はブラックウォールナットです。

ブラックウォールナットの木のチョコレート色と面白い形があいまった個性的な作品ですね。

長さは約10センチ。

このぽこぽことしたデザインの柄は見た目に似合わずとっても握りやすく出来ています。

このぽこぽことしたデザインは何かを思わせるんですが…。

そうです。“そら豆”のさやです。“さやえんどう”も捨てがたいですね。

思いもかけず、“豆(ビーンズ)”を連想させるデザインのスプーンとなりました。

木片から作られた作品たち 手の平サイズ『ミニチュア・ベアー』

こんにちは、飛騨国分寺向かい木童工房アンテナショップですm(_ _)m

今回は木童工房で販売している木片をお買い上げ頂いたお客様の作品を、ご紹介いたします。

▼今回の作品はこちら!
手の平サイズのミニチュアのベアーです!!
高さは5センチです。

作者の方の手の平の上で撮影ー(*´▽`*)もー、かわいくってしょうがないですね!!眺めるだけでいやされる可愛さですよ〜。
表情がほんわかしてこれまた可愛い!!
欲しい〜欲しすぎる!! あ、でも売り物じゃないんで…(´・д・`)

▼横からみても完璧なキュートプロポーション(`・∀・´)b!
素晴らしい、素晴らしすぎます!

▼後ろ姿、お顔も可愛いですね〜(b゚v`*)
※クリックすると別窓で大きい画像が見られます。

最後に作品のブログ掲載を快諾していただいたお客様に感謝を申し上げます。ありがとうございましたm(_ _)m

木片の活用作品 『ビスケット型 うさぎ用 かじり木』

私ども木童工房アンテナショップでお売りしている木片を使ってお客様が製作された木工作品をご紹介しております。

▼こちらが今回ご紹介する作品です。
これはビスケットでしょうか…(“biscuit”とありますし)?
ビスケット型うさぎ用かじり木
これは、“うさぎさん用 かじり木”なのです!!

“かじり木”?何それ??」という方も多いんではないかと思います。

かじり木とは…うさぎの歯は一生伸びつづけます。そこで木をかじらせて適度に歯を減らさせてあげるためのものだそうです。

というわけで、今回のお客様は知り合いの方に飼われているうさぎさんにプレゼントするために、私ども木童工房アンテナショップで木片を購入されて“うさぎ用 かじり木”を製作されたんだそうです。

そしてできたのが今回のビスケット型かじり木
うさぎさんの名前が“ビスケット”なんだそうですよ〜o(^▽^)o

▼サイズもデザインもまるで本物のビスケット型みたいです!ちなみに塗装はクルミの油でなさったそうです。
ビスケット型うさぎ用かじり木

しかし、その知り合いの方にこのかじり木を渡そうとしたところ…「こんなカワイイかじり木を使うのはもったいない!」って言われてしまったんだそうですよ〜orz

確かにかじり木はうさぎさんにかじられ、食べられてしまうものなので「もったいない!」って思うのも頷けないこともないですか…。

罪なかじり木ですね…。

ちなみにこのかじり木は楢(ナラ)を使って作られました。
楢はブナ科の広葉樹です。

私ども木童工房の使用している木材は国産ですし、塗装などを使用する前の段階のものです。さらに接着している部分以外であれば問題ないかもしれません。

市販でもかじり木は販売されているようです。(だいたい¥300-前後)
ちなみに木童工房アンテナショップでは高さ50センチ×幅5センチくらいの平たい板を100〜200円で販売しております。

木童工房の木片の使い途に“うさぎ用 かじり木”という可能性が追加された作品でした( ´ ▽ ` )ノ

木片の活用作品 『ブラックウォールナットフラワーベース』

私ども木童工房アンテナショップでお売りしている木片を使ってお客様が製作された木工作品をご紹介しております。

今回の作品は木工芸術スクールの学生の方の作品です。( ´ ▽ ` )ノ

▼作品はフラワーベース(花瓶)です。
幾何学的に面がカットされていますね。。

使用されている木材はブラックウォールナット
高さ約10センチほどの小さなフラワーベースです。
▼真横から見るとシンプルな長方形にしか見えません。

▼ミントを入れてみました。

真横からは長方形ですが、幾何学的なカットが入ったトリックのあるフラワーベースですね。

ブログへの掲載をご許可いただいた作者の方にこの場を借りて御礼申し上げますm(_ _)m

また、木片をご購入なさったお客様これからもご協力いただけますようよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

木片の活用作品 『骨董品装飾用たて』

私ども木童工房アンテナショップでお売りしている木片を使ってお客様が製作された木工作品をご紹介しております。

木童工房アンテナショップ始まって以来のスゴいスケールの作品が来ました!(O_O)

サイズは手の平に収まるものですが、東洋的デザインのドアノッカーにも見えるそれはなんと“2000年前の中国の銅製のほしゅ”です。『ほしゅ(←漢字を製作者の方に聞きませんでした)』とはこの場合、壺などに取り付けて使った取っ手の役割をするものだそうです。

2000年前!!スゴすぎです!(◎_◎;) 凄すぎて現実味が持てません。

つまり“国分寺の大イチョウよりも古い(大イチョウは樹齢1250年といわれています)”ということなのです。

▼裏側はこんな感じです。ここに使われた木童工房の木片は“ケヤキ(欅)”です。高級材であるのですが……ケタが違いますね……;^_^A

ブログへの掲載をご許可いただいた作者の方にこの場を借りて御礼申し上げますm(_ _)m

また、木片をご購入なさったお客様これからもご協力いただけますようよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

木片の活用作品 『ナラ(楢)材 座面の三脚スツール』

私ども木童工房アンテナショップでお売りしている木片を使ってお客様が製作された木工作品をご紹介しております。

今回の作品は木工芸術スクールの学生の方の作品です。( ´ ▽ ` )ノ

ナラ(楢)材の座面の三脚スツールです。
木片活用作品 ナラ(楢)材の座面の三脚スツール

サイズは座面部分が幅200ミリ、奥行180ミリ。高さは430ミリ

木片を使ったのは腰をかける座面の部分だそうです。

木片活用作品 ナラ(楢)材の座面の三脚スツール

木片活用作品 ナラ(楢)材の座面の三脚スツール

▼加工される前の木片はこういった感じのものでした。
元々の木片はこういった感じでした

一角が欠けた長方形の形をそのまま利用し、オシャレなアクセントになさってます!センスですね〜o(^_^)o

▼木童工房の一輪挿しをを乗せてみました。
木片活用作品 ナラ(楢)材の座面の三脚スツール

ブログへの掲載をご許可いただいた作者の方にこの場を借りて御礼申し上げますm(_ _)m

また、木片をご購入なさったお客様これからもご協力いただけますようよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

▼この三脚スツールを製作された方のブログがございますのでご紹介いたします。
『だっちのふたこと日記』http://ameblo.jp/hi-dutch/