花びら

大晦日に飾った、正月のための生け花のチューリップの花びらが25日の朝、ハラリハラリと落ちて芯だけになってしまいました。

松は青々として正月の松ですが、確実に散る花々は時の経つのを身をもって教えてくれています。もう1月が終わろうとしています。

[`twib_users` not found]
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on FC2 Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Post to Google Buzz

はごいた

私が6つのとき、父親から買ってもらった押絵の羽子板を正月から玄関に飾っています。桐の木でできていて、おかっぱで着物姿の女の子が人形を抱いている押絵がついています。

持ち手には赤いベッチンが巻いてあって振ると鈴の音がします。
羽子板の裏には梅の一枝の絵が描いてあり、隙間のないほど羽根のあたった丸いくぼみがついています。

羽根をついて遊んでいた6つの私、今の私は58歳。年を取っているだけで同じ人間にはまちがいありませんが、他人のように感じられるのはなぜでしょうか。

[`twib_users` not found]
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on FC2 Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Post to Google Buzz