ビーンズスツールのナチュラルカラー

ビーンズスツール、正面やや上
木童工房の定番商品、そら豆型ビーンズスツールのナチュラルカラーをご紹介します。
ビーンズスツール、正面水平
正面から見ると、梁が両脚の間をつないでいて非常に頑丈な構造になっています。
ビーンズスツール、座面のアップ
腰掛ける座面の表面に、彫りが入っているバージョンです。(逆に”彫り”をいれない、という注文もできます)
この彫りは職人が一つ一つ手で彫っているもので、一台ずつまったく違う表情をしていて、素朴な味わいがあります。

木童工房ブログ、スタッフ紹介 その3

今回はこのブログ「木童工房のブログ-飛騨の小さな工房で-」の制作をしているスタッフについてご紹介したいと思います。
関西春樹

木童工房株式会社、社長。
社長ですが職人なので表にあまり出て来ません…。
清見で木童工房を始めてから30年間、オーダー家具を作り続けております。

木童工房のスツール、ゴーフレットスツール ダークカラー

木童工房のスツール、ゴーフレットスツールです。
アンティーク風のシンプルなスツールの板座のスツールです。
ナチュラルカラーとダークカラーのオイル仕上げのカラーのバリエーションです。

ご紹介するのはダークカラーです。

ゴーフレット、ダークカラー。正面ゴーフレット、ダークカラー。真上から
ダークカラーによって栗の木目が引き立ったオシャレなスツールです。
「ゴーフレットスツール」
サイズ/ 高さ490x座面直径265(mm)

木童工房ブログ、スタッフ紹介 その2

今回はこのブログ「木童工房のブログ-飛騨の小さな工房で-」の制作をしているスタッフについてご紹介したいと思います。
「恭子(きょうこ)」

現在の木童工房のブログの文章は、ほぼ私が書いています。(多久美さんは忙しいので…)
あと、このブログのイラストや写真なんかも担当しています。
「かわら版 夏虫便り」でもイラストとレイアウトを担当しております。
よろしくお願いします。
最近は広報たかやまの増刊号「新しい風」に挿し絵を描いたり、似顔絵も描いたりしています。

木童工房ブログ、スタッフ紹介 その1

今回はこのブログ「木童工房のブログ-飛騨の小さな工房で-」の制作をしているスタッフについてご紹介したいと思います。
「多久美」

木童工房のブログの文章や、木童工房から発行している「かわら版 夏虫便り」の文章を担当しています。よろしくお願いします。