「2008清見クラフト展」レポート2

木童工房のブース
2008年10月25、26日と「2008清見クラフト展」が開催されました。
26日はウッドフォーラムで「清見もみじ祭り」も同時開催され、大勢のお客様で賑わいました。
新しい一枚板テーブル
木童工房の新作の一枚板4本脚テーブル。一枚板はアメリカンブラックチェリーです。なんかスイートな響きですが、つまり外国の桜の木です。
桜の木は木目に立体的な透明感があってきれいです。
新しい椅子、ダークカラー新しい椅子、ナチュラルカラー
こちらも新作の椅子。
座編み椅子の座の部分を板にしたバージョンです。
本当に、今年の「清見もみじ祭り」は大変な盛況振りでした。
その理由は…「牛の一頭丸焼き」コーナーが復活したからだと思います!
このコーナーは牛が焼き上がって30分も経たぬうちに品切れとあいなったそうです。
しかし、今回のイベントでの目玉はこれだけではありませんでした!

ミニSL列車

小さな小さなSL列車です。
本当に小さかったんですが、石炭を燃やして走り、煙もはき、汽笛も鳴り、お子さんからお年寄りまで乗っけてレールを走ってました。
撮影した映像です。(音が出ますので再生される際はご注意ください)

このほかにも太鼓の演奏があったりと盛りだくさんのイベントでした。

[`twib_users` not found]
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on FC2 Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Post to Google Buzz