グランドカバープランツをいただいてきました。

こんにちは、飛騨国分寺向かいのお店、木童工房アンテナショップです。

お店の前の花だんをイメチェンしようということで始まったシリーズでございます。

国分寺通り商店街の国分寺周辺で、アジサイの株がバッサリとカットしてあるのがあるのをご覧になった方もおられるのではないでしょうか。

それは私の仕業です。

というわけで花だん自体、かなりさっぱりしました。

ここに花だんの地面全体を覆う“ほふく性”の植物を植えて行きます。
横文字ではグランドカバープランツと言うそうです。

この黄緑色の植物は『リシマキア・ヌンムラリア』という品種(のはず)です。

商店街アーケードの日陰にも耐え、明るい葉色を植えたいと思ってこちらにしました。

ちなみにこのリシマキア・ヌンムラリアは周辺のホームセンター、お花屋さんではうまく探せず、ご近所さんに分けていただいたものです。

分けてくださった方によると、「ランナーを出しながら広がって、スグはびこるからね」だそうです。

キチンとしたメンテナンスが必須なんですね。

他にもアイビーなども植えていきたいと思ってます。

関連記事