玄関のバラの花

清見は今、毎日雪が降っています。

しかし自宅の玄関は、反射した光が集まってとても明るいです。

その玄関にバラの花が飾ってあります。
とても綺麗なので撮影してみました。
玄関のバラの花玄関のばらの花2

バラが行けてあるガラスの花瓶はアンティークのものです。
アンティークのガラスって可愛いですね。

座編み子ども椅子 ブルーとホワイト2

座編み子ども椅子のカラーバリエーションはナチュラルとダークのみでしたが、お客様のご希望により、ブルーとホワイトができました。

というわけでブルーに引き続き、ホワイトの座編み子ども椅子を撮影してみました。


今回の”座編み子ども椅子”のサイズはこちらです。
・高さ/480mm
・幅/350mm
・奥行き/350mm
・座高/220mm

座編み子ども椅子 ブルーとホワイト

座編み子ども椅子のカラーバリエーションはナチュラルとダークのみでしたが、お客様のご希望により、ブルーとホワイトができました。

 座編み子ども椅子、座面
というわけで、ブルーの座編み子ども椅子を撮影してみました。

座編み子ども椅子、横座編み子ども椅子、後ろ座編み子ども椅子、アップ

座編み子ども椅子、クッション有り
子ども椅子にクッションを乗せると、椅子本体がほとんど見えなくなってしまいますね。もう少し小さいクッションだといいのですが…。

今回の”座編み子ども椅子”のサイズはこちらです。
・高さ/480mm
・幅/350mm
・奥行き/350mm
・座高/220mm

ストーブの季節

冬の木童工房では、薪ストーブが人の輪の中心にあります。
ストーブ
大きな長方形の薪ストーブ。火の具合がよければ、内に芋を入れて焼くこともできます。
ストーブ2
↑ストーブの扉を開けて内の火の具合を見ます。
真っ赤に焼けます。マシュマロを炙ったら良さそうな火のぐあいです。

座編みこども椅子 -製作風景-

座編みこども椅子、ナチュラルとダークカラー
座編み子ども椅子の製作の様子を、写真に撮影しましたのでご紹介いたします。

今まで、座編みの椅子は手で編んでいる座面を撮影している場合が多かったのですが、今回は脚や背もたれの部分の製作の模様を写してみました。
子ども椅子の部品2子ども椅子の部品
座編み椅子はカーブした脚(上写真)によって構成されておりますが、この脚も職人の手仕事によって作り上げられています。

この脚のカーブは一本一本、サンドペーパーやカンナなどを使って、職人が削り出しているものです。
(下写真)写真の様子は座編み子ども椅子の”脚”を万力で固定して、カンナで削っている様子です。
脚を削る脚部分のアップ

以下に掲載している写真に写っているのが、上の脚の製作に使用されているカンナです。(左/表、右/裏)カンナと言うと四角い形のものを思いがちですが、このカンナは刃のある部分の両横にカンナを掴むハンドルがあり、そこのハンドルを握って削ることができます。
削る鉋、表削る鉋、裏

庭に氷が張っています

11月22日に雪が降ってから、秋の日をあまり過ごさずに冬の到来です。
日中の陽の照っている時間帯は暖かいのですが、影の場所は温度が低いままです。
地面に氷が張る地面に氷が張るアップ
庭の水たまりに氷が張りました。
右写真は氷のアップです。

霜柱アップ
霜柱のアップ。
よく小学生の頃、霜柱が立っている地面を踏んで足跡を付けていました。

木童工房のホームページを模様がえしました

サーバーの会社を変更してから、木童工房のHPを休止状態にしておりましたが、本日再開いたしました!
久しぶりにHTMLとCSSをタイプしたのでとても肩が痛いです…。
↓こちらから木童工房のHPをご覧いただけます。
http://www.mokudou-koubou.jp/

木のくに「ぎふ」作品展

岐阜駅アクティブGで展示会を開催しております。

『木のくに「ぎふ」作品展』
平成19年10月30日(火)〜11月26日(月)
岐阜駅アクティブG 3F 岐阜匠

小物を中心とした木工製品の展示会です。
私達木童工房以外にも、飛騨高山の木工会社が参加しております。

お問い合わせ/Tel (058)-269-4140
〒500-8856 岐阜市橋本町1-10-1

ビーンズダイニング

今回はそら豆型家具のシリーズのビーンズダイニングテーブルをご紹介いたします。
さかずき美術館でのビーンズダイニング

こちらの家具のサイズは、幅160x奥行き90x高さ70(cm)
そら豆型の天板と、天板の真下にあるひき出し。ロクロで加工された、ふっくらとした量感を持つ脚がこのダイニングテーブルのポイントです。
ビーンズダイニング1ビーンズダイニング2

テーブルでひき出しがあるものは、アンティークのテーブルではたびたび目にしますが、現代のものではあまり見られない様に思います。
テーブルの持つクラシックな雰囲気から”ビーンズクラシック”という別名もいただいています。
しかし、ダイニングテーブルにひき出しがあるのはとても便利なのではないでしょうか。

そして脚は一本一本、職人がロクロを使って丸く加工してあります。
脚は、天板と組み合わさる引き締まった部分からふっくらとふくらんだ部分。そして床へとすぅっと細まる部分。
私こと恭子はこの脚が、非常に味わいがあって気に入っております。

丸みをもった天板は、そら豆をモチーフとして形づくられています。表面には、鉋による鉋目加工がされています。

ビーンズダイニングのサイズは
サイズ/幅1600(mm)x奥行き900(mm)x高さ700(mm)

「2007ひだ荘川ふるさと祭り」

10月14日(日)、「2007ひだ荘川ふるさと祭り」に行って参りました。
このお祭りでは「日本一の連獅子」と、今回3年に1度に奉納される「ひねり踊り」を見ることができました。
2007ひだ荘川ふるさと祭り,2007ひだ荘川ふるさと祭り、バルーンアップ
会場には連獅子にちなんでか、獅子頭をかたどったバルーンが青空にあげてありました。ユーモラスです、小さいのがあったら欲しいなぁ。

祭りの会場には200円の入場料を払って、こちらの↓ステッカーを貰って入場しました。
2007ひだ荘川ふるさと祭り、ステッカー

「ひねり踊り」とは荘川に古くから伝わる伝統芸能のひとつで、当時は神社仏閣の新築祝いや大豊作のお祝いなどで、地域の住民がそろって行列を組み、道中を踊られていました。

ひねり踊り

踊りが始まるのを待つ荘川の子ども達。

ひねり踊り、武者アップひねり踊り、武者
写真左は踊りの武者、コーラスライン? 写真右は踊りの一瞬、格好いいですね。

ついに祭りの目玉の連獅子です、こうやって舞台に並んだ獅子達を見ているとなんだか壮観というか、可愛らしく感じます。
連獅子
獅子頭に鈴が取り付けてあるので動作をするたび「シャン、シャン」と鈴の音がなります。獅子舞も勇壮なものではなく粛々とした雰囲気がありました。

そういえば、会場の近くには巨大な水車がありましたよ。

『「2007ひだ荘川ふるさと祭り」のページ』
http://www.shokawa.net/furusato.html

『ひだ荘川公式ホームページ』
http://www.shokawa.net/index.html