【お客様 いつみや木工(こみはち製作所)様 令和3年4月15日h】

4月15日、いつみや木工(こみはち製作所)様が工房にお越しくださいました。

いつみや木工様は私ども木童工房の小物(一輪挿しや子ども椅子 等)とゴーフレットスツールを継承していただいている企業様です。

今回は木材をご購入にお越しくださいました。
その中で思わぬ掘り出し物を発見なされました!

【マキタ 5寸カクノミ モデル:7305】

です。
ずっと欲しいと思ってみえた機械だったそうです。

【販売します:アガチス材】

アガチス材をご紹介します。
一見、広葉樹に見えますが針葉樹材です。
家具に使われる以外には『将棋盤』などを作る際に使用されるそうです。

また通称として『南洋カツラ』、『南洋ヒノキ』と呼ばれることもあるようです。

[サイズ(ミリ)]
厚み45、幅150、長さ3000:3点
厚み45、幅250、長さ3000:2点
厚み45、幅200、長さ3000:2点

以上です。

【販売します:暹羅柿(シャムガキ)】

4月17日にお越しくださったお客様が見つけた銘木です。

暹羅柿(シャムガキ)という名前は『黒柿(クロガキ)』という銘木の代替品として流通されている際の通称のようで、実際は『ジリコテ』という木なのだそうです。

黒柿の代替品といえども、現在は希少な木材だそうです。

【木材ご購入のお客様 令和3年4月17日】

4月17日に木材ご購入のお客様が、京都からおみえになりました。


栗(くり)材の薄めで幅広の材を中心にご購入くださいました。
それらの栗材は、実は亡き父 関西春樹がお気に入りの杢(もく:美しい、珍しい模様が出た木目)を仕舞っていたものでした。

同じ京都の木工職人の方々に有効活用してもらえるなら、きっと父も喜ぶことでしょう。

【販売します:棗(なつめ)板材】

資材倉庫のなかで『棗(なつめ)の板材』が見つかりました。

[サイズ(ミリ)]
左:厚み25、幅195、長さ1600
中央:厚み30、幅150、長さ1500
右:厚み28、幅150、長さ1500

(この木材が売り切れても、当記事は更新致しません。ご了承お願いいたします)

【販売します:イチイ板材】

資材倉庫のなかで『イチイの板材』が見つかりました。

サイズ(ミリ):厚み35、幅170から200、長さ2000
枚数:14枚
(この木材が売り切れても、当記事は更新致しません。ご了承おねがいいたします)

『バルサ材』がダンボール箱いっぱいに見つかりました!

【バルサ材】がダンボール箱いっぱいに見つかりました!

箱のサイズは、だいたい幅50(センチ)、奥行き50、高さ90くらいです。
その箱にぎゅうぎゅうにバルサ材が詰まっております。